ゴロクのブログ『私だってモテたい。』ゆらめきSEXY編

武蔵小杉でブラックへアー専門美容師やってるよ!暴走する30代。全日本マウンティング女子代表/こじらせて今…かわいいは作れる伝説を現実にしたい妄想。日々の暮らしや美容の事をちょろちょろ書きます。(たぶん)

芸術の秋とダライ・ラマ。

今年は美術展当たり年。
カラヴァッジョ展に
チームラボのやつ。

そしてルーブルNO9

どれも良かったのよー!
ルーブルNO9はギリギリまだ行けます。

そして今年の終盤戦は、
やはりダリ展なのか。

でもね。ダリ大回顧展に数年前に行ったんだけど、
まぁダリってダーリ?みたいな方々がいっぱいですごくみづらかった…
個人的にダリは、作品よりその人となりが好きです。
奥様とのアレコレや、自分の遺体を自分の美術館の床に埋め込んだり。死までもアート(笑)

わたし個人的には、日本科学未来館でやってる
忍者ってナンジャに行きたい…(笑)
忍者×科学×修行
行きたい…
しかしコレに一人で行く勇気は無い(笑)

ただ見るだけなら美術展は一人でいくのだけども。

来年は1/8〜デヴィットボウイ大回顧展!
楽しみすぎる。
イギリスやアメリカで開催され、すごく行きたかった。
そして遂に日本に来る!と報道された2〜3日後に、デヴィットボウイは本物のスターマンになってしまいました…(泣)

現地でもかなり好評だったから楽しみすぎます!

ちなみに11月17日
ダライ・ラマ法王が横浜講演あるのだけど…
行くかどうか迷い中。
ダライ・ラマ14世が好きな理由は様々あれど、
とにかく愛。
とにかく思いやり
それが全てなもんだから、平気でダライ・ラマ制度も止めようとするし、政治権力なんか捨てるし(笑)とにかく面白いのよ。

チベット仏教ダライ・ラマは貢献したけどダライ・ラマが終わっても純粋な仏教には関係ないって言い切るし。

私の大好きな南方熊楠
「肩書きが無ければ己が何なのかもわからんような阿呆共の仲間になる事は無い」
って言ってたし。
熊楠は粘菌学者ではあるけれど、高野山真言宗管長である土宜法龍と書簡をやりとりしたり、密教と密接にかかわっていて、未だ難解ではあるけど南方マンダラを残し、この世を説明してたみたい。
全ては因と縁として。

まぁ熊楠も私の場合、ぶっとんだ人柄が何よりも好きなのですが♡

世紀の大天才ながら生涯あんまお金稼がないで弟に頼り切ったり、いつもフルちんだったり(よく細菌感染して腫れたり)すきな時にゲボはけたり(笑)
幽霊と話せたり(笑)
天皇陛下に献上する物キャラメル箱にいれたり♡
天皇陛下をバカにしてとかじゃないの。敬っていてもそれなの(笑)

面白い人大好きすぎる♡
だから普段も男は金じゃないと思うの。
どんだけ面白いか(笑)
顔とかどうでも良い(笑)

でも
ダライ・ラマも熊楠もイケメン(笑)てかダライ・ラマお茶目です(笑)
f:id:digflava56:20160920115755j:image

熊楠は若い頃も良いけどジジイになってからも良いw
f:id:digflava56:20160920115839j:image

おしまい。


広告を非表示にする